するめ行。

セミナー・勉強会などの行脚の記録や
ビジネス書を読んで実行していることを書いています。
<< 【イベント】極上朝食会に参加してきました! | main | 【おしらせ】いよいよ来週末開催!第4回チャリティミーティング仙台・ゲスト講師:美崎栄一郎さん >>
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    0
      【セミナー・勉強会】木暮太一さん×須藤由芙子さんスペシャル対談!
      さて、東京一泊ツアー2日目のビッグイベント!
      8/11(土)は、木暮太一さん×須藤由芙子さんスペシャル対談に参加!
      私は受付をさせていただきました。


      セミナー開始前のオフショット。
      主役のお二人と、スタッフの杉本さんが楽しげに話してます♪

      まずは須藤さんの「昭和の営業」についてのお話から。


      小学生のころに
      「あなたは人の10倍やらないとだめ」と言われたという須藤さん。

      「受注」だけに焦点をしぼった営業の裏には、
      圧倒的な量をこなす行動力と、それを支える強いマインドがありました。
      「愚痴は財産」
      「度胸は慣れてくると普通のことになる」
      「一発屋を恐れないでやり切る」
      などなど、なるほどと思う言葉が次から次へとでてきます。

      須藤さんはとても熱い人です。
      その熱さは、人がなかなか持てなかったり、
      持っていても、あまり外に見せないようにしているものかもしれません。

      でも、須藤さんはその熱さを、言葉で、行動で、全面に出しています。
      これって、なかなかできないことだと思うのです。
      その熱さに、人は憧れ、惹かれるのではないかと、
      須藤さんの熱のこもったお話を聞いていて、改めて感じました。


      続いては、木暮さんの講演。


      究極の働き方をするには?
      という問いに対して、
      どこを目指すか、明確に自分で決める」
      と、答える木暮さん。

      そして、慣れておくべきことはこの3つ。

       ・小さいことを継続すること
       ・自己アピールをすること
       ・安心材料を持っておくこと

      この安心材料とは

       「自分の能力のマネタイズ」

      自分の行ったことに対して、
      きちんと「お金をもらえる」と言えるようになること。
      その仕組み、環境を作ること。

      つまり、
      目指すところを決め
      がんばる時はがんばる
      浪漫とそろばんを常に意識する
      大事なことに慣れておく
      これが必要だと言います。

      「ボクはボクでしんどいっすよ(苦笑)」
      と、木暮さんがおっしゃってましたが(笑)

      自分の使命があるからこそ、がんばることができ、
      信念がなければ、何をしても不幸でつまらない。

      そして、やりたいことがあっても、お金がないと破綻する。
      そのためには、
      自分の能力をマネタイズする力、仕組み化が不可欠なんですね。
      私の使命って?能力ってなんだろう?と、思わず考えてしまいました。


      最後はお二人の対談!


      木暮さんが思う営業と、須藤さんとはだいぶ違うようで。
      「営業は断られ、数字がとれない」
      という木暮さんの営業に対するイメージに対し、

      「断られるのが当たり前と思っていたから、
       人の100倍動く。絶対量を増やす。」

      と、答える須藤さん。

      これって、口で言うのは簡単ですが、
      行動に移そうとしたら本当に大変ですし、
      実際にやれる人は、なかなかいないと思います。
      それをやってのけてしまうのが、須藤さんのスゴさです。

      そして、さらにスゴイと思ったのは

      「人の嫌がる仕事を突き詰める。

       嫌な仕事をやればやるほど、資産になる」

      という言葉。

      このことに、小学生の頃にすでに気づいていたという須藤さんは、
      やはりただものじゃないなと思いました。
      意識とそれを支える仕組みを一緒に作る。
      私は営業ではありませんが、
      どんな仕事でもしんどい時はあるはず。
      でも、そこだけに目をやるのではなく、
      大きな夢への小さなステップとして考えれば、
      ただ、しんどいという思いから抜け出せる。

      「悩む人は暇な証拠」
      と須藤さんが言うように、
      つらかったり、迷っているときこそ、
      行動を起こすことで見えてくるものがあるはずです!

      お二人の熱いお話に、自分の働き方についても、
      改めて考えるよいきっかけとなりました。

      木暮さん、須藤さん、スタッフをしてくださった杉本さん、
      そして、ご参加くださったみなさん、
      本当にありがとうございました!


      ちなみに、講演の内容は、杉本さんのブログに図解付きで
      わかりやすく書かれていますので、こちらもぜひご覧くださいませ。
      同じスタッフをしていたのに、よくぞここまで…、脱帽です。

      【セミナー】「究極の働き方スペシャル対談 ボクイツ×昭和の営業」に参加してきました


      | 【セミナー・勉強会】 | 17:19 | - | - | - | - |
      0
        スポンサーサイト
        | - | 17:19 | - | - | - | - |
        PR
        PROFILE
        profilephoto


        NEW ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        OTHERS
        MOBILE
        qrcode
        LINKS
        このページの先頭へ