するめ行。

セミナー・勉強会などの行脚の記録や
ビジネス書を読んで実行していることを書いています。
<< 3.11東北地方太平洋沖地震、当日。 | main | 見通しを示そう >>
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    0
      今日から4月。
       今日から4月です。

      地震から約3週間がたちました。
      その間、私の周りの状況はだいぶ変わり、
      落ち着きを取り戻しつつあります。

      ライフラインはガス以外は概ね復旧し、
      デパートやスーパーも時間短縮ながらも営業するところが増えて、
      食料や日用品などの調達もだいぶ楽になりました。

      しかし、これはほんの一部の状況に過ぎなかったことを思い知らされる
      できごとがありました。

      昨日、いらっしゃった患者さんから
      津波の被害の大きかった沿岸部の状況を聞いたのです。
      その方は地元が沿岸部の町で、
      地震後からボランティアに参加していたそうです。
      そこではニュースでも報道できないような凄まじい光景が広がっていました。

      同じ「被災地」なのに、その状況には天と地ほどの差がある。
      被災地の中での格差が広がっていくことが心苦しいです。

      しかし、こうした様子は意外と現場にいないとわからないのではないでしょうか。
      被災地すべてがニュースで伝えられているような状況ではない
      と伝えることも必要なのかもしれません。

      ライフラインがある程度復旧したところでは
      電車、バスなど交通網の不便はあるものの、
      だいぶ日常の生活をできるようになってきたと思います。

      本当に支援を必要としているところに、
      本当に必要なものを届けるために。

      大丈夫な人は大丈夫と伝えていく。

      元気な人は元気に過ごして。
      疲れたらちょっと気晴らしして。

      自分の元気を蓄えて、
      誰かを元気にするために動いていく。

      そうして元気な人が少しずつでも増えていけばいいですね。

      被災地にいるからこそできる支援もあると思うので、
      私もできることからやっていきます。


      最後に3月31日のほぼ日手帳に書いた言葉を載せたいと思います。


      「3月は色んなことがあったけど、
       これをこれからの仕事、生活、人生に活かしていけるように 
       がんばろう。
       がんばることができるのは生きているから。元気でいるから。
       当たり前のことが当たり前じゃなかったと気づけただけでも
       きっと一歩成長しているはず。」


      今日から4月。スタートです!
      | するめのつぶやき。 | 07:12 | - | - | - | - |
      0
        スポンサーサイト
        | - | 07:12 | - | - | - | - |
        PR
        PROFILE
        profilephoto


        NEW ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        OTHERS
        MOBILE
        qrcode
        LINKS
        このページの先頭へ