するめ行。

セミナー・勉強会などの行脚の記録や
ビジネス書を読んで実行していることを書いています。
<< 【今日のご本】自分でやった方が早い病 | main | 【今日のご本】頭の回転数を上げる45の方法 >>
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    0
      【今日のご本】小さく賭けろ!ー世界を変えた人と組織の成功の秘密
      今日のご本はピーター・シムズさんの
      「小さく賭けろ!
       ー世界を変えた人と組織の成功の秘密」
      です。




      創造的なアイデアを生み出すのに有効な
      「小さな賭け」という手法。

      このご本では、グーグル、ピクサー、アマゾン
      といった有名企業を例に、解説されています。

      「小さな賭け」の原則とは、

      ・実験する
      ・遊ぶ
      ・没頭する
      ・明確化する
      ・出直す
      ・繰り返す

      の6つ。

      そして、「小さな賭け」の重要な要素のひとつに
      「許容し得る失敗」があります。

      私は小さい頃から、「失敗」することが苦手です。
      なるべく失敗しないようしないように…
      と行動してしまいます。
      そうすると、
      「失敗しないこと」
      にしか手を出さなくなるんですよね。

      昔、職場の上司に、
      私の長所と短所を聞いたことがあったのですが…、
      長所は「すぐ行動するところ」、
      短所は「勝てる試合しかせずに、冒険しないところ」
      なんて、言われたこともありました。
      今もあまり変わっていない気がします…
      最初からあまりに正しいやり方を追い求めすぎると、
      われわれは多くの可能性に対し、
      心理的に目を閉ざしてしまう。
      どんなリスクもおかさないようにしようと
      思いつめると、

      創造的な洞察の目が摘まれてしまう。
      もっと心にゆとりを持ち、
      間違った方向にスタートしていたと気付いても、
      それを創造的プロセスの一貫だと見ることが大切だ。
      うーん、耳が痛いです。

      イノベーションを成功させた人々は、
      失敗を必然的なものとして受け止めるだけでなく、
      目標を達成する上で不可欠の要素と考えています。

      この考え方が、私に欠けているんだな…と痛感。
      じゃあ、どうしたら「失敗」をおそれずに行動できるのか。

      ご本では、
      「固定的マインドセット」対「成長志向のマインドセット」
      というモデルが紹介されています。

      困難な課題に直面した時に
      「固定的マインドセット」の持ち主は、
      『私はすぐにこれに成功する能力があるだろうか?』
      と自問し、
      「成長志向のマインドセット」の持ち主は、
      『私はこれをやり遂げる方法を学べるだろうか?』
      と思うそうです。

      つまり、「固定的」は頭がいいと見られたいという思いが強く、
      「成長志向」のほうは学ぶ意欲が強いということ。

      人間はみな、この二つの考え方を持っていて、
      人によってその割合が違うだけだそうです。

      できれば「成長志向」のほうでいたいですよね。
      そのためには、
      「失敗は学習や成長の機会」
      と意識的に捉える必要があります。

      昔からの考え方を変えることは、なかなか難しいです。
      年を取れば、いろんな経験やしがらみ、
      自分の立場などがじゃまをして、
      どうしても失敗を恐れる傾向が強くなると思います。

      だからこそ、意識的に成長志向を養わなくては、
      身につかないのです。
      そのためにも「小さな賭け」という手法は
      有効なのだと思います。

      ピクサーで『ファインディング・ニモ』の監督を務めた
      アンドルー・スタントンはこう言っています。
      「間違うならできるだけ素早く間違えろ。
       言い換えれば、

      『われわれは誰でも間違える。

       さっさとそれを認めればいよい』

       ということだ。」
      「小さな賭け」をくりかえすことは、
      「小さな失敗」をくりかえすこと。
      そして、そこから学びを得ること。

      日頃から小さな失敗にふれ、
      失敗に対する意識を変えていく。
      そうすれば、よりよいアイデアを
      生み出すことができるようになるはずです!


      さて、ご本を読んで、私がやったこと。
      それは、
      「マインドセットを対比したメモを
       いつも目につくところに貼っておく」

      です。



      これは、成長志向のマインドセットを養う方法として
      紹介されているものです。
      今は、Evernoteと手帳にしのばせています。
      もちろん、誰にせよ失敗するのは嫌いだ。
      しかし、問題はそこではない。
      何事にも性急に結果を求める気持ち、
      いつも完璧でありたいという
      執着から自分を解き放たなければ、
      われわれは創造的能力を発揮することが難しい。

      昔からの考え方を変えるのは、
      なかなか大変そうですが…
      意識をするのと、しないのとでは、
      きっと結果が変わってくるはず!
      なにかにつまづいた時には、
      ちらっと見て、気持ちを切り替えたいと思います

      | 【今日のご本】 | 21:05 | - | - | - | - |
      0
        スポンサーサイト
        | - | 21:05 | - | - | - | - |
        PR
        PROFILE
        profilephoto


        NEW ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        OTHERS
        MOBILE
        qrcode
        LINKS
        このページの先頭へ