するめ行。

セミナー・勉強会などの行脚の記録や
ビジネス書を読んで実行していることを書いています。
<< 【今日のご本】働くプロの心の整理術 | main | 【今日のご本】99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ >>
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    0
      川上徹也さん×木暮太一さんコラボセミナー
      5月26日(土)は、『川上徹也』さん ×『木暮太一』さんの
      コラボセミナーへ。

      川上さんは、独裁者の最強スピーチ術 (星海社新書)
      木暮さんは、僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? (星海社新書)

      星海社新書さんから新刊を出されたばかりのお二人に、
      一度に会えてしまうという豪華なセミナーでした!



      司会は読書王子こと杉本さん
      さすが、慣れていらっしゃいますー♪

      まず第1部は、川上さんのご講演。



      新刊の誕生秘話がとても面白い!
      〇〇さんに似てる…とか、
      なにがネタになるか、わからないものですねー。

      そして、スピーチに重要なキーワード。

      「志」「キャッチコピー」「個別化」「ストーリー」

      特に、著書でも語られている、

      「ストーリーの黄金律」

      についてのお話も聞けました。

      ストーリー黄金律を使ったスピーチに、
      人は惹きつけれます。

      しかし、悪用されたら、「独裁者」の思うツボ
      になってしまうかもしれません。

      日本が惑わされないように、ぜひ国民一人一人に一冊!
      読んでいただきたい本です!


      そして第2部は、木暮さんのご講演。



      私は、木暮さんの自己紹介のスライドに書いてあった

      「×デーモン ○メガネ君」

      がツボに入ってしまいました。
      (スラムダンク好きの方なら、意味わかりますよねw)

      最初の会社に入られた当時のあだなが、
      「怒られ侍」だったという木暮さん。
      その後、転職し、数々の業績をあげてこられた秘訣を
      お話くださいました。

      特に印象に残ったのが、
      重要度と緊急度に関する話。

      一般的には、
      「重要度と緊急度が高いものからやる」
      と思われていますが…。

      「重要度って誰が決めたんですか?」
      という木暮さんの問いにドキッ。

      重要度も緊急度も両方が低い=誰もやらない
      ここにヒント、チャンスがある!
      との木暮さんの話に、なるほどーと思いました。

      ・貯めるのはお金じゃない!稼ぐ力!
      ・自分がもらうものをできるだけ先送りする!

      そして、
      賞味期限が長い食べ物を集める蟻になる!

      賞味期限が長い資産。
      将来的に役に立つ能力を身につけられるよう、
      普段から意識していきたいと思いました。

      最後は、お二人でのトークセッション。



      川上さんのキャッチコピーのコツや、
      木暮さんの経済本が売れた秘訣など、
      楽しくて、ためになるお話が聞けました。

      おひとりおひとりのお話もいいですが、
      お二人のかけ合いが見られるのも貴重ですよね!

      川上さん、木暮さん、
      そしてセミナーを企画・運営してくださった
      須藤さん、杉本さん、
      ありがとうございました!!



      | 【セミナー・勉強会】 | 22:14 | - | - | - | - |
      0
        スポンサーサイト
        | - | 22:14 | - | - | - | - |
        PR
        PROFILE
        profilephoto


        NEW ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        OTHERS
        MOBILE
        qrcode
        LINKS
        このページの先頭へ